STORK(ストーク)でカテゴリー複数選択時カテゴリラベルの優先順位を指定する

カテゴリラベルを制御

当サイトは、OPENCAGE(オープンケージ)WordPressテーマ「ストーク」を使用しています。「STORK(ストーク)」を使用していると表示される「カテゴリラベル」の優先順位設定についてご紹介しています。「Custom Taxonomy Order NE」というプラグインを使用します。

1つの記事に複数のカテゴリを指定して投稿した際「どちらのカテゴリをラベルに表示するか」あらかじめ優先順位を決めておくことができます。優先順位の高い方が、ラベルに表示されます。

↓このラベル
カテゴリラベルを制御


デフォルトでは「カテゴリ名」で優先順位が決まります。

優先順位は下記の通りです。

数字アルファベット五十音順

例えば、「趣味、BLOG、1番」という複数のカテゴリーを設定した場合「1番」というカテゴリが、カテゴリラベルに表示されます。本当は「趣味」というカテゴリを表示したいのに!ということがあります。こういうことを避けるために、プラグインを利用して優先順位を変更します。

優先順位を変更

Custom Taxonomy Order NE

利用するのは「Custom Taxonomy Order NE」というプラグインです。カテゴリーの優先順位を、あらかじめ設定しておくことができます。

インストール

下記のプラグインをインストールしてください。ダッシュボード>プラグイン>新規追加で「Custom Taxonomy Order NE」と検索すれば見つかります。

インストール方法が不明な場合は下記でご確認ください。
>>プラグインの「検索」&「追加」方法

設定方法

優先順位の設定を行います。

  1. WordPressダッシュボード>タームオーダー>Order カテゴリー>
    Custom Taxonomy Order NE
  2. ドラッグ&ドロップで並び替え>Upddate Orderで保存>
    Custom Taxonomy Order NE
    上にあるほど優先順位が高いです。

    ※階層を設けている場合は「編集したいカテゴリーを選択>Order Sub-terms>子カテゴリー並び替え」で設定してください。
    Custom Taxonomy Order NE

  3. Custom Order as defined above.にチェック>Save Settingsで保存>完了です。
    Custom Taxonomy Order NE

できればオススメする設定

下記は、できればオススメする設定です。強制ではなく、オススメの設定ですので参考程度にご覧ください。

親カテゴリについて

カテゴリーに階層を設けている方は、記事に親カテゴリを設定しない方がいいです。親カテゴリを選択せずに、子カテゴリーだけを設定しましょう。※ただし、パーマリンクにカテゴリーのスラッグを利用している方が設定し直すと、URLが変更されてしまうのでご注意ください。

なぜオススメしないかというと、親カテゴリも選択してしまうと、子カテゴリーよりも親カテゴリーが優先されてしまうからです。

例えば、

(親カテゴリー)
ーA(子カテゴリー)
ーB(子カテゴリー)
ーC(子カテゴリー)

というカテゴリー分けで、「あ」と「C」を選んだ場合は「あ」がカテゴリーラベルに表示されるということです。

子カテゴリーだけを選択しても、親カテゴリに含まれています。親カテゴリーの記事一覧にも、きちんと表示されます。安心して子カテゴリーだけを選択しましょう。

下記は子カテゴリーだけを選択した記事の画像です。子カテゴリーだけを選択しても、パンくずリストにきちんと親カテゴリが表示されています。
パンくずリスト

親カテゴリーを選択する意味は無いのです。子カテゴリーだけを選択しましょう。そもそもブログにおいては、階層なしに分類できるカテゴリー分けがベストなのかもしれません。

パーマリンク設定について

できれば、パーマリンク設定は「投稿名」にしましょう。

※こちらも、設定変更するとURLが変わってしまいます。強制ではなく、あくまでもオススメの設定です。参考程度にご覧ください。

パーマリンクを投稿名に変更する方法
  1. 設定>パーマリンク設定>投稿名>変更を保存
    パーマリンク設定
  2. 例えば、タイトルが「カテゴリーラベルを複数・・・」という記事なら、「categorylabel」などアルファベットのパーマリンクを設定しましょう。
    パーマリンク設定

面倒に感じるかもしれませんが、後々カテゴリーを変更するかもしれないことを考えると、こちらの方が楽ちんですし安心です。アドレスが1文字でも変わってしまうと、せっかくインデックスされたのにまた初めからやり直しです。企業サイトなどは別ですが、ブログならこのパーマリンク設定が主流です。

少し前の記事ですが、下記の記事はパーマリンクについてとても参考になります。よろしければご覧ください。
>>WordPressのパーマリンク設定を途中で変更する方法|PresentNote

親カテゴリを一括解除する方法

既に親カテゴリを選択してしまっている方も多いと思います。私もそうでした。

すでに設定してしまっている「親カテゴリの選択解除する方法」をご紹介します。一気に解除できます。追加することもできます。

※上記でもお伝えしましたが、パーマリンク設定にカテゴリーのスラッグを利用している場合は、URLが変更されてしまうのでご注意ください。

Batch Cat

Batch Cat」というプラグインを使用すれば、記事のカテゴリーを一気に編集できます。

設定方法

  1. Batch Cat」をインストールし有効にしてください。
  2. ツール>Batch Cat>
    カテゴリー選択
  3. 全選択>
    カテゴリー選択
    ※右の赤枠は、現在設定中のカテゴリーです。
  4. 選択解除したい親カテゴリを選択>
    カテゴリー選択
  5. Drop categories from posts>
    カテゴリー選択

    • Set categories to posts:選択したカテゴリに設定(書き換え)する
    • Add categories to posts:選択したカテゴリを追加する
    • Drop categories from posts:選択したカテゴリを除去(選択解除)する
  6. OK>
    カテゴリー選択
  7. 親カテゴリが除去されました。
    カテゴリー選択
  8. 複数ページがある場合は、上記の作業を繰り返してください。

ちなみに、削除したい親カテゴリの記事だけを検索することもできます。
カテゴリー選択

以上で完了です。完了後はもうこのプラグインは不要ですので、停止するか削除するかしてください。

参考サイト

感想

WordPressのカテゴリーを複数選ばなければならないのは、私の分け方が下手なのだろうと理解しています。いずれ分け直すかもしれません。

シェアしていただけると、両手をあげて外へ飛び出します。

コメントを残す

お気軽にコメントをどうぞ。

ABOUTこの記事をかいた人

「やってみたこと」や「ライフハック」が中心のブログです。 少しでも多く役立つことができればうれしいです。 お気軽にコメントやフォローしていただけると、励みになります。 よろしくお願いします。