WPテーマ「STORK(ストーク)」で関連記事の精度を上げる方法

RECOMMENDキーイメージ

WordPressテーマ「ストーク」「自分好みの関連記事」が表示されるようにする方法をご紹介します。WordPressの関連記事表示プラグイン「Yet Another Related Posts Plugin (YARPP)」を使用する方法です。


はじめに

現在当サイトでは、WPテーマ「STORK(ストーク)」を使用しています。とても美しいテーマで気に入っていますが、記事の下の方に表示される「関連記事」の精度が低いと感じていました。(個人的感想です。)

当記事では、「Yet Another Related Posts Plugin (YARPP)」というプラグインを使用して精度を上げ「自分好みの関連記事」が表示されるようにする方法をご紹介します。「YARPP」の方が精度が高いですし、STORKの公式サイト(OPENCAGE)もオススメしているプラグインです。

>>OPENCAGE(オープンケージ)

STORKデフォルト設定の場合

Blogカードを簡単に作成する方法とコツ」というWordPressのプラグインに関する記事を書いた際の関連記事は、下記の様に表示されていました。

<STORKデフォルト設定の場合>
関連記事表示例1

表示してほしい記事は、2つしか表示されませんでした。

プラグイン導入後の場合

下記は、「YARPP」プラグインを導入後の表示結果です。

<YARPPプラグイン導入後>
関連記事表示例2

希望の記事を多く表示してくれるようになりました。優秀です。

プラグインの設定方法

「ストーク、ハミングバード、アルバトロス」では、YARPPプラグイン用のカスタムテンプレートが用意されているので、簡単にテーマにあったデザインの関連記事を表示することができます。

※設定の前に※
テーマはできれば、子テーマを利用しましょう。(すでに子テーマの方は問題ないです。)詳しくは公式サイトをご覧ください。子テーマをダウンロードして、アップロードして、適用するだけです。

プラグインのインストール

  1. WordPressダッシュボード」>「プラグイン」>「新規追加」>「YARPP」を検索>「インストール」>「有効」
    YARPP

プラグインの設定

  1. 「WordPressダッシュボード」>「設定」>「YARPP」
    YARPPの設定
  2. 関連記事の優先度を設定します。(当サイトでは下記のように設定していますが、あくまでも参考程度にご覧ください。サイトによって最適な設定は違いますので、必ずご自身のサイトにあった設定を試してください。
    YARPPの設定2
    ※「表示する最低関連スコア」は数値が大きすぎると設定が厳しくなり、何も表示されない可能性が高くなりますので低めがオススメです。
    ※「タイトル」や「内容」の欄がグレーアウトして選択できない場合はこちらの記事をご覧ください。とても詳しく紹介されています。>>「WP関連記事表示プラグインYARPPの関連スコア設定でタイトルと内容が選べない時の対処法 | KA Partner
  3. 表示設定を行います。ここは、下記の赤枠と同じ設定にしてください。
    ※関連記事数は4の倍数を設定してください。※投稿のチェックを外さないと2重に表示されてしまいます。
    YARPPの設定3

他にも、「特定のカテゴリ」や「一定期間以上古い記事」は表示しない設定もあります。いろいろカスタマイズしてみてください。

以上で精度の高い「関連記事」が表示されるようになりました。お疲れ様でした。

参考サイト

公式サイトでも相性のいいプラグインとして「Yet Another Related Posts Plugin (YARPP)」がかなり詳しく紹介されています。

感想

Milliard」という関連記事を表示するプラグインもありますが、関連記事の最後に「Milliard」のリンクが強制的に貼られてしまうので使用するのを辞めました。 OPENCAGEのテーマを使用しているなら今回ご紹介した「YARPP」が特におすすめです。

あわせて読みたい

よろしければ、こちらの記事もどうぞ。

 

シェアしていただけると、両手をあげて外へ飛び出します。

コメントを残す

お気軽にコメントをどうぞ。

ABOUTこの記事をかいた人

「やってみたこと」や「ライフハック」が中心のブログです。
少しでも多く役立つことができればうれしいです。

お気軽にコメントやフォローしていただけると、励みになります。
よろしくお願いします。