メモアプリ「Microsoft OneNote」を使ってみた

最近、メモアプリ「Microsoft OneNote」を使うようになりました。

スマホをAndroidへ変更したことにより、macOSやiOSのプリインアプリをやめたからです。

過去記事参照↓

 

「Microsoft OneNote」なら、OSを意識することなく利用できて便利です。


Microsoft OneNote

特徴

Microsoft OneNoteは、プリインのメモアプリより高機能です。機能を抑えたMicrosoft Publisherという印象です。

Microsoftの無料アカウントを利用し、無料で利用可能です。

 

このアプリの特徴は、文字をドラッグして動かせる点です。

↓入力した文字をドラッグで移動可能です。

↓連なった文字列も「Shift+ドラッグ」で移動可能です。

直感的に文字列を入れ替えることができるので、あれこれ構成を悩んでいる時に便利だと思います。

思いついたことを適当に書き連ねて、後でどんどん順序を置き換えることが可能です。

画像も貼り付けることが可能です。

 

使用可能なプラットフォーム

OSに左右されずに同期できるのも強みです。

  • Windows
  • Windows Phone
  • Mac
  • iPad
  • iPhone
  • Android
  • Web

 

ダウンロード


↓下記からダウンロード可能です。

Android

iOS

使用方法

書式なしのテキストを貼り付けたい場合

文字をペーストする際は、書式も貼り付けてしまうので、それが嫌な場合は、テキストのみを貼り付けましょう。

  1. ペーストアイコン右の「>」を押し、「テキストのみ保持」を利用しましょう。

 

「すべての書式をクリア」ボタンで書式を除去することも可能です。

 

Google Chrome拡張機能

Google Chrome拡張機能「OneNote Web Clipper」で、Webページの全体 or 部分クリップも可能です。

ダウンロードは下記から可能です。

  1. 「OneNote Web Clipper」のアイコンを押す>
  2. 閲覧中のページを簡単にクリップ可能です。

「ページ全体」を選択すれば、ページ全体のスクリーンショットをメモに貼り付けることが可能です。

「領域」を選択すれば、選択範囲をスクショとしてクリップ可能です。

 

Evernote から OneNote に移動

Evernote から OneNoteにインポートするためのツールも存在します。

私は利用していないのですが、参考までにリンクを貼っておきます。

詳しくは、下記のサイトでご紹介されています。

参考サイト

OneNoteの詳しい使い方を知りたい方は、下記のサイトがおすすめです。

便利な使い方もご紹介されていますので、一度目を通しておくといいかもしれません。

 

公式サイトも貼っておきます。

感想

通常のメモよりも高機能な分、起動が遅いのがネックです。しかし、Google KeepやToDoなどと使い分ければいいと思いますし、そうしています。

あと、アプリのレビューにMac版のフォントが汚いというのを見かけましたが、そんなことはないです。解像度の低いモニターなら汚いですが、Retinaディスプレイなら何の問題もありません。

シェアしていただけると、両手をあげて外へ飛び出します。

コメントを残す

お気軽にコメントをどうぞ。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

「やってみたこと」や「ライフハック」が中心のブログです。 少しでも多く役立つことができればうれしいです。 お気軽にコメントやフォローしていただけると、励みになります。 よろしくお願いします。