Macで「Googleカレンダー」をアプリ化してみた

先日、スマホをAndroidへ変更しました。それに伴い、Mac・iPad・スマホの「カレンダー」と「メモ」を、Googleなどのサードパーティ製のものへ変更しました。

理由は、iOSにプリインされているアプリが、Androidに無いからです。そして面倒なことに(投稿時点では)、「Googleカレンダー」や「Google Keep」などのMac用アプリが存在しません。

そこで、「Fluid」というMacアプリを使用し、Googleカレンダーなどを、Macアプリとして利用することにしました。


Fluid

「Fluid」は、WebサイトやWebアプリを、Macアプリ化してくれる、とても便利なアプリです。

私は無料版を利用しています。有料版もありますが、無料版で十分機能してくれます。私は「Googleカレンダー」と「Google Keep」をアプリ化しました。

利用方法

Googleカレンダーをアプリ化することを例として、手順をご紹介します。

手順

  1. 「Fluid」のサイトへアクセス>
  2. 「Fluid」のフリー版をインストール>
  3. 「Fluid」を起動>
  4. アプリとして登録したいURLなどを入力>

    URL:https://calendar.google.com/
    Name:カレンダー(任意)
    保存場所:Applications(任意)
  5. アプリのアイコンにしたい画像をドラッグ&ドロップ>Create>
  6. 完成です。

起動するとこんな感じです。アプリっぽいです。

同様にKeepもアプリ化しました。Webページなので、読み込みに少し間がありますが、そこまで苦ではないと思います。

Google KeepやToDoリストは、Googleカレンダーの右上からもアクセスできます。

Web版のKeepは個別のURLが存在しますが、ToDoリストは存在しないので、カレンダーの右上にあるアイコンからアクセスしてください。スマホのアプリは、KeepもToDoリストも存在します。

 

ちなみに、今回登録したカレンダーのアイコンは、AndroidのGoogleカレンダーアプリのアイコンを登録しました。

Google Chromeから普通に画像をダウンロードしてもWebP形式なので登録できないです(WebP形式のURLの最後の「-rw」を削除すれば、PNG形式の画像にアクセス可能)。Safariなどからアクセスすれば、PNG形式の画像が手に入ります。

その他のアプリ

GoogleのToDoリストが使いにくければ、MicrosoftのToDoリストでもいいかもしれません。Web版もアプリ版も、どちらも存在するので。

メモアプリも、Google Keepだけでなく、MicrosoftのOneNoteも便利です。文字がドラッグで移動できるので面白いです。

下記のサイトで、Evernoteなど主要アプリの比較がご紹介されています。参考にさせていただきました。

 

個人的にインストールしたAndroidアプリ

感想

スマホをAndroidへ変更したことにより、MacやiPadとプリインのアプリで連携できなくなったのは、結構辛かったです。

Thunderbirdのアドオンを利用してGoogleカレンダーなどを同期しようかとか、ParallelsでWindowsアプリをMacで利用しようかとか、色々悩みましたが、結局「Fluid」に落ち着きました。

すごく面倒でしたが、今の所これで何とかなりそうです。利権とか色々あるんでしょうが、OS関係なく同じアプリを出してくれると助かりますけど、商売だし無理だろうなぁ。

 

シェアしていただけると、両手をあげて外へ飛び出します。

コメントを残す

お気軽にコメントをどうぞ。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

「やってみたこと」や「ライフハック」が中心のブログです。 少しでも多く役立つことができればうれしいです。 お気軽にコメントやフォローしていただけると、励みになります。 よろしくお願いします。