「魔女の宅急便 コミック(英語版)」読書レビュー

Kiki's Delivery Service Film Comic

「魔女の宅急便 コミック英語版 Kiki’s Delivery Service Film Comic Vol. 1」の読書レビューです。英語の吹き替え音声で、字幕に表示されていないセリフが見たくて購入してみました。

※以降は若干内容にも触れるので、ストーリーを知らない方は読まないでください。


Kiki’s Delivery Service Film Comic Vol. 1

日本版「魔女の宅急便」の英語音声と北米版の英語音声とではセリフの量が違うし、字幕も違うと前回の記事でご紹介しました。

日本版の英語音声の方がセリフの量が多いのですが、字幕には表示されていないところが多数あるので、そのあたりが確認できたらいいなと思って購入しました。

結果としては、一部のセリフしか記載されていませんでしたが、割りと満足しています。

本のサイズは、漫画の単行本くらいです。ソフトカバーで、ページ数は140ページ程度です。本の分厚さですが、ページ数はそんなに違わないはずだけど、他の漫画単行本よりもかなり薄い印象です。

Kiki's Delivery Service Film Comic

ペンとのサイズ比較

下記のサイトで詳しく紹介されています。

内容について

全ページカラー

本書のストーリー部分は、全ページカラーです。セリフは全て大文字表記です。アニメを部分的にキャプチャーして、コミックのように構成してあります。

冒頭シーンの「字幕には表示されていないラジオアナウンサーのセリフ」がコミックでは確認できます。 他にも「字幕には表示されていないセリフ」を確認することができます。

例えば、雨宿りをするため貨物列車に飛び込むシーンでは「Kiki, that opening is extremely small! 」というジジのセリフが確認できます。英語音声(日本版)を再現しているようです。

ちなみに上記の場面、北米版だとセリフも違っています。北米版だと「Hold on!」と叫ぶだけです。ちなみに、日本語音声では「ダメだよ 貨物列車だもん!」です。全然違う。。。日本のジジは可愛いですね。

というか上記の場面、英語音声(日本版)では、ジジはまくし立てるように沢山のセリフを喋りまくってます。そこが記載されていないのが少しだけショックでした。

実際のセリフは下記のような内容です。

「First, don’t panic! Second, don’t panic! And third, did i mention that don’t panic? まずは落ち着いて!それから、落ち着いて!で、最後に、もう言ったっけ?落ち着いて~!」

Kiki, that opening is extremely small! Okay! Nice landing.

この雨のシーンだけでジジはこれだけ喋ります。印象が全然違う(笑)。

上記のように、セリフは一部だけしか表記されていませんが、パラパラとめくっていくだけで主要なシーンを思い出せるので満足しています。

感想

電子書籍が無く海外から取り寄せとなるので、届くのに2週間ほどかかりました。楽天市場で購入しました。

中学の英語の教科書がコレだったら、もっと楽しく勉強してただろうなぁ。ただ、英語のコミックはセリフが基本的に全て大文字なので、学習用としてはマイナスな気がします。でも見た目が可愛いので満足しています。全4巻なので学習が捗れば、残りも注文するかもしれません。

シェアしていただけると、両手をあげて外へ飛び出します。

コメントを残す

お気軽にコメントをどうぞ。

ABOUTこの記事をかいた人

「やってみたこと」や「ライフハック」が中心のブログです。 少しでも多く役立つことができればうれしいです。 お気軽にコメントやフォローしていただけると、励みになります。 よろしくお願いします。