車のポジションランプ(スモール)を自分で交換してみた

ポジションランプ交換

車の「ポジションランプ(スモール)」を自分で交換してみたので、その方法をご紹介します。「工具不要」で誰でも簡単に交換できます。

コレくらいのことで長い時間待って工賃も払うのは勿体ないので、ぜひ皆さんも自分で交換しちゃいましょう。


ランプについて

注意事項

高輝度LED LT13-02

上記のLEDランプを購入したのですが、車検に「通りそうにない」ことに後日気付きました。

チクショー!!((TдT))((TдT))((TдT))

車検対応製品は、LEDの色が「白色(目安として2500~6500ケルビン以内:この範囲内でもメーカーにより色味がやや異なります。)」のものに限られるのですが、その事実を知りませんでした。上記の商品は、9000ケルビンです。車用に購入する方は、ご注意ください!!

ですので、ランプを購入する際は「車検対応製品」かどうか確認して購入しましょう!他にも注意事項があるのですが、下記で詳しくご紹介されています。

下記は車検対応の商品です。

初めからこちらを買えばよかった。安いし有名メーカー品だし、車検対応製品です。他にも色々あるので車検対応品を買いましょう。

ほとんどの車種が「T10」タイプのポジションランプです。下記で適合情報を確認できます。

色味の比較

下記は、ポジションランプではなくHIDランプですが、色味の比較としてご覧ください。

明るさも違ってくるようですね。

自分で交換する方法

それでは、ポジションランプの交換方法をご紹介します。

手順

  1. ボンネットを開く(開け方が不明な場合は、下記のサイトで詳しくご紹介されていますのでどうぞ。)
  2. ヘッドライトのすぐ裏側にポジションランプがあります。このコネクタを「左」に45度ほど回し取り出します。(蛇口を緩めるのと同じ方向)
    ポジションランプ交換
  3. ランプを真っ直ぐに引き抜き、交換します。
     ポジションランプ交換
  4. ランプには、+・-の向きがあるので、コネクタを戻す前に点灯するか確認しましょう。
  5. 点灯が確認できたら、コネクタを元の場所に戻し「右」に45度ほど回して取り付け完了です。

上記で分かりにくい場合は、下記の動画で詳しくご紹介されていますので、よろしければご覧ください。
(※この動画は、ジャジーな音が出ます。ご注意ください。)

ウォッシャー液も簡単

ちなみに、ウォッシャー液は下記から補充できます。フタを開けて、満タンの線より少なめに入れるだけです。これも自分でできますね。
ウォッシャー液補充

感想

ランプの交換やウォッシャー液の補充は思ったより簡単でびっくりしました。時短になるし節約にもなるので嬉しい誤算でした。あとは車検対応かどうか確認することが大事だなと痛感しました。

シェアしていただけると、両手をあげて外へ飛び出します。

コメントを残す

お気軽にコメントをどうぞ。

ABOUTこの記事をかいた人

「やってみたこと」や「ライフハック」が中心のブログです。 少しでも多く役立つことができればうれしいです。 お気軽にコメントやフォローしていただけると、励みになります。 よろしくお願いします。