Macの便利なファイルブラウザ&ブックビューア

「ファイルブラウザ」と「画像ビューア(ブックビューア)」がセットになった便利なMac用アプリ「EdgeView 2」をご紹介します。


EdgeView 2

記事投稿時点での価格:600円

概要

EdgeView 2は、下記の2つのアプリがセットになったお得な有料アプリです。

  1. ファインダーの様な「ファイルブラウザ」(ファインダーよりもファイル名検索力があり、サムネイル画像表示も便利です。)
  2. 様々な画像やPDF、さらにZIPやRARなどの圧縮ファイルを解凍せずにそのまま読むことがでる「画像ビューア(ブックビューア)」

ファイルブラウザ

下記のような、ファインダーっぽい感じのアプリです。

ZIPやRARなどの圧縮ファイルなどを「サムネイル画像」表示してくれるので、かなり便利です。

「ファイル名検索」も優秀です。ファインダーでファイル名検索しても、あるはずのファイルを見つけてくれないことが多いですが、EdgeView 2なら見つけることができます。

ローディングのアニメーションが消えれば検索完了です。

画像ビューア(ブックビューア)

下記のように、優秀なブックビューアとして利用できます。

画像を2枚ずつ「見開き」として表示できます。

見開きのページがちぐはくでズレている場合は、最初のページに戻り、「最初のページを単独表示」ボタンを押せば、ページのズレを調整できます。

また、「ページ送り」ボタンで簡単にページのめくり方向を左右切り替えることもできます。

これらは、表示メニューからも切り替え可能です。

常にEdgeView 2で表示したい場合

特定のファイル形式をダブルクリックした際に、この画像ビューアで「常に開きたい場合」は、そのファイルの「右クリックメニュー>情報を見る>このアプリケーションで開く>EdgeView 2>すべてを変更」で、そのファイルと同じファイル形式をダブルクリックした場合は、常にEdgeView 2で開くように設定しておくことができます。

その他・詳細

その他にも便利な機能があります。詳細は、アプリのページや公式サイトをご覧ください。

感想

Macのファインダーはファイル検索力がゴミなので、EdgeView 2のファイル名検索が便利です。ファインダーよりは少し重いですが、サムネイル画像表示がかなり便利です。

ただ、ファインダーとファイルのやりとりが(おそらく)できるようなのですが、私の場合はドラッグ&ドロップでファイルのやりとりができません。。。EdgeView 2からファインダーへは移動できますが、その逆ができません。この症状は私だけなのでしょうか。わかりません。それでも便利なので利用しています。今は「右クリックメニュー>ファインダーで表示」でファインダーを起動して移動しています。

画像ビューアも、かなり優秀なブックビューアとして重宝しています。BOOKSCAN(ブックスキャン)でPDF化してある本があるので、それらを読む際に利用しています。

 

シェアしていただけると、両手をあげて外へ飛び出します。

コメントを残す

お気軽にコメントをどうぞ。

ABOUTこの記事をかいた人

「やってみたこと」や「ライフハック」が中心のブログです。 少しでも多く役立つことができればうれしいです。 お気軽にコメントやフォローしていただけると、励みになります。 よろしくお願いします。