iMacのBootCamp(Win10)でWi-Fiが繋がらない

私は、BootCampでWindows10をインストールして利用しています。

しかし突然、そのWindowsでWi-Fiが繋がらなくなりました。

今回は、その解決方法というよりは、応急処置の方法をご紹介いたします。

私の環境は、iMac、OS10.13.4です。BootCampでWindows10 Proをインストールしています。


ネットに繋がらない

結論としては、iMacに接続している一部の「USB機器」を外せば、Wi-Fiが繋がるようになりました。

iMacを購入して間もない頃は、外付けHDDなどは接続しておらず、BootCampを試した時には何も問題はありませんでした。異変に気づいたのは最近です。

  • macOSを操作している時には、沢山USB接続していても何も問題はありません。
  • Parallels Desktop 13でWindowsを呼び出して利用している時も問題ありません。
  • BootCampでWindows10を実行している時にだけ再現されます。

USBは沢山接続しているのですが、私の場合は「外付けHDD」と「USBハブ」を外すとWi-Fiに繋がります。外付けHDDは必須なので、これを外すことはできません。

応急処置

外付けの「無線LAN子機(受信機)」を利用すれば、USB接続していても問題なく、Wi-Fiに接続できるようになりました。(以前使用していたものを引っ張り出してきました。上記の商品がおすすめというわけではありません。)

応急処置として、BootCampのWindowsを使用する際だけ、外付けの「無線LAN子機」を利用することにしています。すごく邪魔だ。。。

画面右下のWi-Fiのアイコンをクリックし、接続した子機へ切り替えることができます。

下記のサイトにて原因や応急処置の方法などがご紹介されていました。助かりました。ありがとうございます。

参考サイト:

BootCampで試したこと

一応、その他に試みたこともご紹介しておきます。

Windows サポートソフトウェアをインストール

Boot Camp アシスタント>アクション>Windows サポートソフトウェアをダウンロードからダウンロードできます。

参考サイト:

私の場合は効果はありませんでした。それもそのはずで、BootCampでWindowsをインストールしたのが最近のことだからです。既に新しい状態のサポートソフトウェアがインストールされている状態だったのだと思います。

この後念のため、BootCampアシスタントでWindowsの再インストールも行いましたが、変化はありませんでした。

Apple Softwareアップデート

BootCampのWindowsを起動し、スタートメニュー>Apple Software Updateからアップデートしました。

参考サイト:

Wi-Fiに関するアップデートがあったので、期待しましたが解決しませんでした。ただこれは、行っておいた方がいいと思います。

感想

WindowsはほぼParallelsでしか使用しませんが、BootCampでしか使用できないソフトなどもありますので何とかしたいです。今は使用する予定はないのであまり問題ないですが、もやもやするし思ってたのと違う。。。もし良い解決方法をご存知の方は教えていただけると大変嬉しいです。

シェアしていただけると、両手をあげて外へ飛び出します。

コメントを残す

お気軽にコメントをどうぞ。

ABOUTこの記事をかいた人

「やってみたこと」や「ライフハック」が中心のブログです。 少しでも多く役立つことができればうれしいです。 お気軽にコメントやフォローしていただけると、励みになります。 よろしくお願いします。