乗っ取り防止!「パスワード」を覚えなくてもいい方法

passwordmanagerキーイメージ

「パスワードの管理」って大変ですよね。
「SNS」や「ネットショップ」、「ネットバンク」など、増える一方です。

しかも、駄目だとわかっていても、「同じパスワード」で統一しがちです。
以前は、そうでした・・・。
「セキュリティも脆弱」で、「手間もかかる」って最悪ですよね。
「乗っ取り」や「ハッキング」とか超怖いですよね。

そこで、それらを解決するために導入した、「パスワード管理アプリケーション」のご紹介です。


パスワード管理の救世主

ご紹介するのは、「トレンドマイクロ社製」の「パスワードマネージャー」というソフトです。お使いの「Windows、Mac、Android、iOS端末」でのログインが簡単になります。

 

※他社ですが、「LastPass」という、「無料」ですごく便利なアプリも人気です。オススメです。
追記:現在は「LastPass」へ乗り換えました。乗り換え方法は下記記事でご確認ください。

ログインを自動でサポート

「パスワードマネージャー」に一度パスワードを保存すると、次回からのログインを自動でサポートしてくれます。

導入前は、ログインするたびに、パスワードをまとめている「メモ帳ソフト」をいちいち起動して、必要なパスワードを探して、選択して、コピペして・・・すごく手間でした。

マスターパスワード

「サイトごと」に「パスワード」をバラバラに設定したとしても、「パスワードマネージャー」にログインするための、「マスターパスワード」さえ覚えておけば、他のパスワードを覚える必要は無いです。

パスワードマネージャーで、「マスターパスワード」を入力すれば、自動でログインしてくれます。スマホの場合は、「指紋認証」でログインできます。

暗号化されてクラウドに保存

登録したパスワードは、「暗号化されてクラウドに保存」されます。
暗号化されているため、トレンドマイクロ社の中の人でも、パスワードを見ることはできません。

例えば、
クラウド化のおかげで、自宅の「Windows」から登録したパスワードを、外出先の「スマホ」で呼び出すことができます。
passwordmanager

1つの端末で保存すれば、自分の端末同士で「自動共有」できます。

「バックアップファイル」ダウンロード可能

「バックアップファイル」が必要なら、いつでもダウンロードできるので、いちいちメモ帳に入力しなくていいです。

使用方法について

パスワードマネージャーで必要なソフトをインストール済みの状態からの説明になります。
実際にインストールする際は、案内に従って「必要なソフト」を、簡単にインストールできるので、今は使い方だけをご説明します。

パソコンの場合

「Google Chrome」の場合でご説明します。

※事前に下記の準備をしています。
「Chrome用パスワードマネージャープラグイン」をインストール済み

例えば、アマゾンにログイン

例えば、「PCのGoogle Chrome」からアマゾンにログインします。
ログイン

ログイン後、少し待つ

ログイン後の画面で少し待つと、「パスワードマネージャー」が「パスワードを保存するか」たずねてきます。
今すぐ保存」を押し保存します。
ログイン後

次回以降、自動でログイン

次回以降、アマゾンに訪れた時は、自動でパスワードマネージャーの「ログイン」ボタンが右上に表示されます。
何も入力せず、「ログイン」を押すだけで、簡単にログインできます。
次回ログイン

※複数アカウントがある場合は、どのアカウントを使用するか選択項目が出てきます。

「iOS端末」の場合

次に、「iPhone」の場合でご説明します。
※Androidではこの方法は使用できません。
※事前に下記の準備をしています。

  • 「パスワードマネージャー」のアプリをインストール済み
  • 「Safari」の下のメニューからパスワードマネージャーをオン
  • 「TouchID(指紋認証)」をオン

「iOS端末」から、アマゾンへログイン

Webブラウザ「Safari」で、アマゾンにアクセスします。
ログイン画面で、Safari(下側)の「メニューボタン」を押します。
スマホログイン

パスワードマネージャーを選択

パスワードマネージャーを選択します。
パスワードマネージャーを選択

指紋認証

指紋認証を求められるので、認証します。
(指紋認証が無い機種は、ここでマスターパスワードを入力)
指紋認証

ログインしたいアカウントを選択

ログインするアカウントを選択します。

これで、ログイン完了です。
ログイン後の画面が表示されます。

すぐ慣れますし、指紋認証でログインできるので、かなりラクです。

一部のスマホアプリにも対応

上記では、「Safari iOS」の場合でしたが、一部のスマホアプリにも対応しています。
対応済みのアプリ」のログイン画面では、下記のようなアイコンが表示されます。
アプリログイン
アイコンを押せばパスワードマネージャーが選択できます。
アプリログイン2

あとは、Safariと同じ手順です。

「スマホ」や「タブレット」の注意事項

「iOS端末」は「Safari」と連動できますが、「Android」は「パスワードマネージャーアプリ」のブラウザ機能でブラウジングする必要があります。
詳しくは、下記でご確認ください。

料金体型

年契約と月契約

年額版
商品名 1ヵ月あたり 価格
パスワードマネージャー 3年版 約120円 4,299円(税込)
パスワードマネージャー 2年版 約137円 3,271円(税込)
パスワードマネージャー 1年版 約153円 1,831円(税込)

 

月額版
商品名 1ヵ月あたり 価格
パスワードマネージャー 月額版 154円 154円(税込)

無料体験

登録方法は「公式サイト」にて、とてもわかりやすく記載されています。
※無料版は、5つまでしかパスワードを保存できません。
私は、まず無料版から使用しました。

その他

「ブラウザ」から「パスワードを継承」

「パスワードマネージャー」インストール時に、使用中のブラウザ(IE、Chrome、Firefox)からパスワードを引き継ぐことができます。

※MacはSafari、Chrome、Firefox
パスワード引き継ぎ

住所やカード情報も登録可能

住所やカード情報も保存できるので、登録しておけば簡単に呼び出すことも可能です。

パスワード作成機能

パスワードをランダムで作成するだけの機能があります。これでサイトごとにバラバラのパスワードを設定できます。地味に便利です。

未対応の場合あり

「パスワードマネージャー」はすごく便利で気に入っていますが、今のところ、まだ対応していない「アプリ」や「サイト」もあります。

対応していない時でも、「パスワードマネージャー」内でパスワードをコピーできますので安心です。

対応していない場合

「コピーボタン」で楽々コピーできます。

「パスワードマネージャー」以外のオススメアプリ

パスワード管理で定番な「1Password」と「LastPass」というアプリがあります。「LastPass」と「1Password」は、「Safari iOS」「Chrome for iOS」と連動できます。
気になる方は、無料版を試してみてはいかがでしょうか。

LastPass

「LastPass」は、有料版もありますが、「無料版」で十分です。

1Password

「1Password」は、「月額2.99ドル」で、高額と感じたのでまだ使用していません。

 まとめ

「パスワードマネージャー」いかがでしたでしょうか。「月額:154円(税込)」と良心的な価格ですし、馴染みのある「トレンドマイクロ社製」なのでいいですね。

「無料」ですので「LastPass」でもいいかなとも思います。といより、「LastPass」の方が人気のようですが。

いずれにしても、パスワードを、思い出したり、探す時間は、人生で通算すれば、結構な時間になります。それを省略できるのは素晴らしいです。

特に外出時に便利ですね。以前は、外出先でパスワードが思い出せず帰宅するまで諦めたことも。もうそんな苦労は、おさらばです。以上、「パスワードマネージャー」についてでした。では。

シェアしていただけると、両手をあげて外へ飛び出します。

コメントを残す

お気軽にコメントをどうぞ。

ABOUTこの記事をかいた人

「やってみたこと」や「ライフハック」が中心のブログです。 少しでも多く役立つことができればうれしいです。 お気軽にコメントやフォローしていただけると、励みになります。 よろしくお願いします。