カエレバの代わりの機能をコピペで実装してみた【WordPress】

カエレバ

購入した商品などを紹介する際は、「カエレバ」というサービスを利用していました。簡単にアフィリエイトリンクが作成できたからです。

しかし、随分前に「Amazonの画像が使えない仕様」に変更されました。

理由は、PA-API(AmazonAPI)の規約が大幅に変更された為だそうです。つまり改悪された為です。(【重要】カエレバ・ヨメレバは、国内ショッピングモールを応援するサービスへ生まれ変わります

あまり問題ないと考えていましたが、自分の紹介する商品はAmazonにしかないことが多く、残念ですが利用することを辞めました。

代わりの方法

カエレバの代わりになるサービスを探していたところ、わいひらさんが公開されている方法が便利そうでしたので、ありがたく利用させていただきました。

わいひらさんが作成されたWordPressのテーマ「Cocoon」に搭載されている機能を、別のテーマでも利用できるようにしてくださったものです。まさに神です。

 

実装方法

方法は、下記のわいひらさんのサイトで詳しく紹介されています。(乗り換えの際は、自己責任でお願いします。)

 

簡単に設定の流れを解説すると、

  1. functions.phpに上記のページで公開されているコードをコピペ
  2. style.cssにも公開されているコードをコピペ
  3. 記事にショートコードを貼り付ける

という流れです。

functions.phpに貼り付けるコードは、ご自身のAmazonトラッキングID、楽天アフィリエイトIDなどを入力する箇所があるので、そこだけ変更して貼り付ける必要があります。

あとは、ASIN(紙の書籍はISBN)とキーワードを指定したショートコードを貼り付けるだけで、商品リンクが作成できるようになるので、今後の記事作成がかなり楽になります。

↓こんな感じのショートコードに、ASINや検索ワードを入力するだけです。

※イメージです。

※「kw=」は、表示されている商品名ではなく、Amazonや楽天などのボタンを押した際の「検索ワード」を指定しています。商品名は、自動で表示してくれます。

応用

下記の機能を利用すると、ショートコードが簡単に作成できますので、もっと便利になるかもしれません。

応用1

Google Chromeの「Create Link」という拡張機能を利用すれば、簡単にショートコードが作成できます。

使用方法
  1. Create Link>オプション>
  2. ↓こんな感じのフォーマットを作成>
  3. ASIN(紙の書籍はISBN)を選択>
  4. 右クリックメニュー>Create Link>フォーマットを選択>
  5. 記事にペースト

 

自分は、下記のコードを「[]」で囲ったものを利用しています。

amazon asin="%text%" kw="%title%"

キーワード部分は、ページのタイトルを取得しますので長いです。ペースト後に、余分な箇所を削除する必要があります。

応用2

Visual Editor Custom Buttonsというプラグインで、ショートコードを呼び出せるボタンを、ビジュアルエディタに追加してもいいかもです。

 

↓こんな感じで、ワンクリックでショートコードが貼り付けられるようになります。

↓アイコンは好きなものを選択できます。

昔からあるプラグインなので、今はもっと便利なプラグインがあるかもです。気になる方は、探してみてはいかがでしょうか。

注意点

自分の場合、初めて上記のショートコードを利用した際は、きちんと表示できませんでした。

利用すると、下記のようなエラーが表示されていました。↓

管理者用エラーメッセージ
アイテムを取得できませんでした。
RequestThrottled
You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

恐らくですが、「お前が使うにはまだ早い」とおっしゃっている気がします。くそーーー。

理由は、PA-API経由の売り上げが無いこと?が原因のようです。多分。

下記のサイトが参考になりました。

 

自分は、アフィリエイトリンクを正規の方法で貼り付けたことがなく、カエレバばかり利用していました。そのせいかもしれません。

「Amazonアソシエイト>商品リンク>商品検索」から作成したリンクを貼り付けてしばらく様子をみると、アソシエイトのレポートに下記のような表示が出ました。↓

↑PA-APIのリンクがクリックされたという表示です。クリックされただけで、購入はされていません。

その後、ショートコードを貼り付けると、下記のようにきちんと表示できるようになりました。

商品を取得できませんでした。存在しないASINを指定している可能性があります。

つまり、クリックされるまで利用できない?もしくは、貼り付けて数日経過しないといけない?などが考えられます。

参考サイト

AmazonのPA-APIを利用する際に必要な「アクセスキーID・シークレットキー・アソシエイトタグ」の確認方法は、下記のサイトを参考にしました。ありがとうございます。

感想

乗り換えは面倒でしたが、以前より簡単にリンクが作成できるようになったので、とても満足しています。便利な機能をありがとうございます。

シェアしていただけると、両手をあげて外へ飛び出します。

コメントを残す

お気軽にコメントをどうぞ。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

「やってみたこと」や「ライフハック」が中心のブログです。 少しでも多く役立つことができればうれしいです。 お気軽にコメントやフォローしていただけると、励みになります。 よろしくお願いします。