英語で道を聞かれた時の対処法

英会話キーイメージ

英語で話しかけられたことが過去に数回ありました。英語が話せないので何もできませんでした。

今回はそんな時の対処法を考えてみました。(他に人が沢山いる場所では、他の人に任せた方が、お互いに得かもしれません。)

過去の私

ショックな表情昔の話ですが、歩道に停めてあるたくさんの自転車をドミノ倒しの様に倒してしまったことがあります。

多くの人はスルーするところですが、たまたまそばにいた中国か台湾の方が助けてくださいました。

お礼をいいたかったのですが、思いつかず、日本語で「本当に助かりました。ありがとうございます。」といいましたが、その方はただニッコリと微笑んだだけで、伝えることができたのか分からないままその場を立ち去りました。情けなくてもどかしい気持ちになったことを覚えています。

他にも、英語で道を聞かれたことがありますが、「すみません。わかりません。」と日本語で答えたことを覚えています。住所や通りを示す英語の看板がなさすぎるせいだとも思いましたが、私自身のことを超絶ダサい奴だなとも思いました。

何かの拍子にそんな過去がフラッシュバックしたので、もうそんなもどかしい思いをせず未来を歩むために、対処法を調べてみました。

Google翻訳

もうこれしかない。あれこれ悩みましたがこれしかない。英語はあんなに勉強したのになぜしゃべれないのか。完璧主義だから話せないとも聞きますがもう少し話せてもいいはずですし、英単語もほとんど覚えていない。もうGoogle翻訳に頼るしかないです。

Google翻訳アイコンGoogle翻訳は、カメラで看板や印刷物なども翻訳できることで話題にもなったのでインストールしている方がほとんどだと思います。私もインストールはしていたのですが、起動はしたことがなかったです。他にもそういった方がいらっしゃるのではないかと思いご紹介します。

 

音声翻訳

これで、相互に音声翻訳ができるので、道案内にも対応できます。お礼の際は微妙かもですが、気持ちを伝える手段は手に入りました。
音声翻訳

カメラで翻訳

日本語もカメラでリアルタイムに翻訳可能です。

試しに、英語のサイト表示したパソコンのモニターを、カメラ翻訳機能で撮影てみました。
カメラで翻訳
単語ごとの翻訳という感じですが、そこそこ翻訳できています。MR感がカッコいいですね。

オフラインでも使用可能

言語をインストールすれば、オフライン環境でも翻訳できます。海外も通信量を気にせず使用できます。つまり、「ディス ワン プリーズ」しか話せない私でも、リーズナブルで快適に海外旅行に行けるってことです。

言語の横の「ダウンロードアイコン(↓)」で、オフライン用にダウンロードできます。
Google翻訳1

1言語につき、40MBほどの容量です。
Google翻訳

あと、手書きで翻訳できる機能もあります。

英語で話す

断る場合

急いでいて、断ることしかできない場合もあります。そんな時はこう答えます。

Sorry, I don’t know where that is.(ごめんなさい、どこにあるかわからないの。)

キョドらず「Sorry, I don’t know where that is.」です。覚えておきます。

お礼を伝える場合

次に自転車をドミノ倒ししてしまった時は、こう伝えます。

  • Thank you for your help. / 手伝ってくれてありがとう。
  • Thank you for your kindness. / 親切にしてくれてありがとう。
  • Thank you for everything. /何から何までありがとう。

「Thank you for your kindness. 」覚えました。これで悲しくならずに済みます。

感想

これで一応は対策できたはず。わからないないのに無理に頑張ってもお互いに損するだけなので、上記の2パターンの英文くらいは覚えておくことにします。中学英語と英単語勉強中です。

シェアしていただけると、両手をあげて外へ飛び出します。

コメントを残す

お気軽にコメントをどうぞ。

ABOUTこの記事をかいた人

「やってみたこと」や「ライフハック」が中心のブログです。 少しでも多く役立つことができればうれしいです。 お気軽にコメントやフォローしていただけると、励みになります。 よろしくお願いします。