宅配ボックスを4,000円以下で自作してみた。

荷物イメージ
今更ですが、4,000円くらいで宅配ボックスを自作したので報告します。やはり便利ですね。 私は面倒なので印鑑以外はほぼネットで揃えましたが、100均やホームセンターをもっとうまく利用すれば、3,000円以下に抑えることも可能かもしれません。

宅配ボックス

完成イメージ

下記のように、玄関付近のスペースに設置しました。
宅配ボックス完成イメージ

宅配ボックスの仕組み

施錠すれば、ワイヤーで建物とボックスがロックされるので安心です。
宅配ボックス 完成イメージ(2)

費用

ざっくりとした費用は以下の通りです。

  • ボックス:2,000円
  • ワイヤー:500円
  • 南京錠:500円
  • 印鑑:100円(100均)
  • ラミネートフィルム、透明テープ:500円

合計3,600円くらいです。

作り方

手順

  1. 購入したボックスの中に、印鑑を入れる。
  2. 「宅配ボックス」と分かるように貼り紙をする。
  3. 南京錠にワイヤーを通し、ボックスの鍵穴に引っ掛けて完了。

貼り紙には「宅配ボックス:印鑑は中です。施錠してください。」などの説明を記載しておけば、理解してくださいます。あとは、届け先住所の末尾に「宅配ボックスへお願いします。」と追記して注文しておけば安心です。

用意するもの

ボックス本体

鍵穴のあるタイプを購入してください。ボックスはホームセンターで買った方が安いかもです。 サイズが2種類あります。利用したいダンボールのサイズに合わせて選んでください。(※このボックスは下に行くにつれて、やや狭くなっています。)

横長サイズもあります。

下記のサイトでAmazonのダンボールサイズについて詳しく紹介されています。参考までにどうぞ。>>amazonのダンボール箱の種類 一覧 : モモンハン日記

長いシャックルの南京錠にしてください。大きめの100均に行けばあります。

ワイヤー

太さや長さをお選びください。

印鑑

「シャチハタ」や「100均の印鑑(スタンプタイプ)」などでOK。

貼り紙

宅配ボックスだと分かるように、明記したものを貼り付けるなどしてください。
貼り紙
すぐボロボロになるので、ラミネートで防水した方がいいです。手貼りのラミネートフィルムは、大きめの100均なら売ってるかも。(近くの100均には無かった。。)

  貼り紙 このPDFファイルは、下記からダウンロードできます。よろしければ自由にお使いください。(A4サイズをめいっぱい使用してるので大きいですが。。) >>「宅配ボックスに貼る紙」のPDFファイル 上記をプリントして、手張りのラミネートフィルムで挟み、透明テープで貼り付けて完成です。

プリンターが無い方は、コンビニでプリントしましょう。>>プリント|セブン‐イレブン~近くて便利~

その他

作成が面倒な方は、全部セットもあります。

  その他にも本格的な物や、巨大な物まで沢山あります。

>>その他の宅配ボックス(Amazon)
>>その他の宅配ボックス(楽天市場)

参考サイト

かなり丁寧に作成されています。すげー。

感想

届け先住所の末尾に「宅配ボックスへお願いします。」と付け加えておけば、どの運送業者(ヤマト・佐川・郵便)さんでも宅配ボックスに入れてくださいました。 宅配ボックスは、非同期な取引になり時間が有効に使えてお互いにメリットが大きいです。スペースに余裕があるなら即行で設置しましょう。

シェアしていただけると、両手をあげて外へ飛び出します。

コメントを残す

お気軽にコメントをどうぞ。

ABOUTこの記事をかいた人

「やってみたこと」や「ライフハック」が中心のブログです。 少しでも多く役立つことができればうれしいです。 お気軽にコメントやフォローしていただけると、励みになります。 よろしくお願いします。