Google Chromeのおすすめ拡張機能まとめ「13選」

chrome拡張機能キーイメージ
  • 追記(2017-08-10):「Tabbie」を追加しました。
  • 追記(2017-08-10):「Open With Firefox」「Open in Internet Explorer」は現在使用不可能です。代替えが見つかり次第更新します。m(_ _)m
  • 追記(2017-09-10):「Open With Firefox」→「Open in Firefox」、「Open in Internet Explorer」→「Open in IE」に変更しました。

Google Chrome拡張機能「13選」

SimpleExtManager

拡張機能の「ON」「OFF」を簡単に行うことができます。管理がかなりラクになります。

チェックを外せば「OFF」にできます。チェックで「ON」。「ゴミ箱」で削除。
SimpleExtManager使い方
「全無効」ボタンもあります。

Create Link

「引用」や「リンク」のHTMLコードなどを一発で作成できます。

  1. 引用する場合:「文章選択」>「Create Link」>「引用」>「記事へペースト」
    Create Link使い方
  2. 例えば、下記のようなコードを一発で貼り付けることができます。
    <blockquote cite='https://dictionary.goo.ne.jp/jn/17094/meaning/m0u/'><p>人の言葉や文章を、自分の話や文の中に引いて用いること。</p><p class="blockquote-link">出典:<a href='https://dictionary.goo.ne.jp/jn/17094/meaning/m0u/' target="_blank">いんよう【引用】の意味 - goo国語辞書</a></p></blockquote>

※詳しくは「過去記事:「引用のルール」と簡単4ステップで「引用」する方法 」でご確認ください。

Pushbullet

閲覧中のサイトを「スマホ」など別のデバイスへ、ワンクリックですぐ送信できます。地図や画像をスマホに送る時によく使います。スマホからPCへも簡単に送信できます。

  1. サイト閲覧中に「Pushbullet」>「紙飛行機のアイコン」で送信完了
    Pushbullet使い方
  2. 一瞬でスマホに送信できました。
    Pushbullet送信結果

スマホにも「Pushbullet」をインストールする必要があります。

Wappalyzer

閲覧中のサイトで使用されている「サービス」などを表示してくれます。

wappalyzerイメージ

LastPass: Free Password Manager

パスワード管理ソフトです。
クリックだけで簡単にログインできます。パスワードで悩むことが無くなります。スマホアプリもあるのでオススメです。
lastpass使い方

詳しくは

下記のサイトをご参考までに。

スマホアプリも、無料ですごく便利です。

LastPass

LastPass Password Manager

LogMeIn, Inc.

Reload All Tabs

同一ウィンドウ内の「タブ全て」をリロードしてくれます。(別のウィンドウはできません。)

Tab Split

複数開いたタブを、2つのウィンドウに「分割」できます。

「タブを選択」>「Tab Split」>「選択したタブの後ろを分離」
タブスプリット使い方
気になる商品ページをたくさん開いて見比べたりする時に使用しています。

組み合わせると便利

Windowsの基本機能で、

Windowsキー+→」or「Windowsキー+←」で画面半分にウィンドウをフィットできます。

二分割

「Tab Split」>「Windowsキー+→」が便利です。

※上記の状態で、中央のラインを左右にドラッグすれば、2つのウィンドウ幅の割合を同時に調節することもできます。(5:5→3:7の比率へなど)

※ちなみに「Windowsキー+↑」「Windowsキー+↓」でウィンドウサイズを「最大・中・最小化」と変更できます。

Page Monitor

「サイトの更新」を「通知」してくれます。RSSが無いサイトなどで利用しています。

チェックしたいサイト閲覧中に「Monitor This Page」を押せば更新を通知してくれるようになります。
pagemonitor使い方

更新がある時は、アイコンに「件数」が表示されます。
ページ更新通知

チェックする頻度を調整

サイトの更新をチェックする頻度は、5秒~2日くらいの間で、個別に指定可能です。

Page Monitorアイコンを右クリック>オプション>advancedにチェック>Check Intervalにチェック>スライドで調整
確認頻度調節
※設定後はそのまま閉じてください。設定はオートセーブされています。保存ボタンはありません。

チェックをやめたい

チェックをやめたい場合は、上記画像にある「X remove」を押して削除してください。

Open in Firefox

閲覧中のサイトを「Firefox」で開いてくれます。Chrome非対応のサイト閲覧時に便利です。
Firefoxアイコン

設定方法

ダウンロードした「install.bat」を右クリック>「管理者として実行」するだけでです。

手順をご案内します。

  1. インストールしたOpen in Firefoxのアイコンをクリック>
    Open in Firefox設定方法
  2. 下記のページが自動的に開くので「here」をクリックし設定ファイルをダウンロード>
    Open in Firefox設定方法2
  3. ファイルを解凍>「install.bat」を右クリック>
    Open in Firefox設定方法3
  4. 管理者として実行>
    Open in Firefox設定方法4
  5. アラートを「OK」>
  6. コマンドプロンプトが起動する>「何かキーを押してください」と表示される>何かキーを押す>完了
    Open in Firefox設定方法5
  7. 次回からアイコンをクリックすれば、Firefoxで同じページが開きます。
    Open in Firefox設定方法

下記の動画でも説明されています。

Open in IE

閲覧中のサイトを「Internet Explorer」で開いてくれます。Chrome非対応のサイト閲覧時に便利です。
IEアイコン

設定方法

上記の「Open in Firefox」と同じ要領で「Open in IE」のアイコンをクリック・・・と設定してください。

uBlock Origin

様々なサイトの広告を非表示にしてくれます。

※この広告ブロック機能をオフにしないと見れないSNSやサイトもありますので、その場合は、SimpleExtManagerでオフにしてください。

Save to Pocket

閲覧中のサイトをワンクリックで「Pocket」に保存してくれます。

※Google Keep派の人はこちら>Google Keep Chrome 拡張機能 – Chrome ウェブストア

Tabbie

複数のブックマークを「グループ」として保存することができます。次回からは、「2クリック」でグループを一気に開くことができます。

詳しくは、当サイトの記事で紹介しています。
>>「よく見るサイト」をGoogle Chromeで一気に開く方法 | やってみたログ

その他のおもしろ拡張機能

Copyfish Free OCR Software

「OCR(光学文字認識)」できる拡張機能です。画像からテキストを抽出しコピーできます。必須かどうか微妙ですが、面白いのでご紹介します。

「Copyfish」>「画像をドラッグ」>「間違いないか確認」>「Copy to clipboard」
OCR使い方

参考サイト

下記のサイトを参考にさせていただきました。

まとめ

上記の参考にさせて頂いたサイトでは「Clear Cache」など、この記事ではご紹介していない便利な拡張機能が詳しく紹介されていますので、合わせてインストールしてみてください。

あと必須ではないですが「Google 翻訳」もインストールしてます。たまに使用します。

いかがでしたでしょうか。一つでも有用なものがあったのなら嬉しいです。もしオススメがあれば教えてください。よろしくお願いします。

シェアしていただけると、両手をあげて外へ飛び出します。

コメントを残す

お気軽にコメントをどうぞ。

ABOUTこの記事をかいた人

「やってみたこと」や「ライフハック」が中心のブログです。 少しでも多く役立つことができればうれしいです。 お気軽にコメントやフォローしていただけると、励みになります。 よろしくお願いします。