LINEモバイルへMNP(転入)について

LINEモバイル

LINEモバイルは、その他のキャリアやMVNOから、番号そのままでMNP(転入)することができます。転出も可能です。

今回は、LINEモバイルへのMNP(転入)についてご紹介します。


お申し込みの前に

ごく一部のMVNOからは転入できない

ほとんどのキャリアやMVNOから転入することができますが、ごく一部のMVNOからは、転入することができません。

念のため下記のリンクでご確認ください。

転入元と同一名義が必須

MNP(転入)の名義と、転入元(MNP予約番号発行時)の名義が同一である必要があります。違う場合は手続きできませんのでご注意ください。

LINEモバイルのメリット

LINEモバイルのメリットなどは、過去の記事でご紹介しています。よろしければご覧ください。

支払い方法について

LINEモバイルの月々の支払い方法には、銀行「口座振替」がありません。

支払い方法は、下記の3つです。

  • クレジットカード
  • LINE Pay
  • LINE Payカード
そこで、ご希望の銀行から「口座振替」で支払いたい方は、オートチャージ設定をした「LINE Payカード」を利用すれば、口座振替と同じように支払うことができます。

 

LINE Payカードとは
「LINE Payカード」はクレジットカードではありません。チャージした分だけ利用できるお財布カードです。入会金・年会費は無料ですし「100円利用」ごとに「LINEポイント:2ポイント」が貯まります。年齢制限や審査も無いので、誰でも無料で利用できます。

LINE Payカードの詳細は、前回の記事でご紹介しています。まだの方は無料ですので申し込みましょう。

LINE Payカードで支払うイメージ
銀行と携帯電話料金の間に、LINE Payカードを挟むイメージ。
LINEモバイルの支払い方法

おそらく、LINE Payカードで月々の携帯電話利用料を支払えるのは、LINEモバイルだけです。LINE Payカードを経由するだけで、ポイントがガンガン貯まるので是非利用しましょう。

貯まったポイントは「1ポイント→LINEPay 1円」に等価交換できます。100円につき2ポイント貯まるので、実質常に2%OFFで利用していることになります。

オートチャージ設定について
指定した金額を下回ると、自動的に希望の口座からチャージしてくれます。何回チャージしても、銀行にもLINEPayカードにも手数料は一切かかりません。LINE Payカードのオートチャージ設定は、1,000円単位で自由に設定できます。
(例えば、5,000円以下になったら、3,000円チャージする設定など)

LINEモバイルの請求について

  • 締日:月末締め
  • 請求日:5日頃(休日⋅祝日の場合、前後します)

携帯電話の利用料なんて決まった金額なので、高額をチャージしなくても大丈夫です。チャージは何回しても手数料0円ですし、LINE Payカードは、コンビニやスーパーなどの全国のJCB加盟店やネットショップで利用できます。使い道がかなり沢山あるカードなのです。そして、利用ごとにLINEで残高や利用額などの通知が来ますので、使い過ぎ防止にもなります。

LINEモバイルの支払い方法については、こちらでご確認ください。

利用明細(紙)の発行はできません。

有料でも利用明細(紙)を発行するオプションは存在しません。他社のMVNOでも紙で郵送できるところは恐らく無いと思います。

利用明細は、LINEの「マイページで確認」できます。(「1月使用分」は「2月のお支払い金額」の欄で確認可能です。)

利用する「端末」を用意する

契約申込と同時に購入しない場合のみ、事前に準備しておいてください。

iPhoneが利用できる

LINEモバイルでiPhoneは販売されていません。

iPhoneを利用したい場合は、

  • docomoのiPhone
  • SIMフリーのiPhone
  • SIMロック解除したiPhone(auやSoftBankなど)

が利用できます。

手持ちの端末が利用できる

手持ちのiPhone・Android端末をそのまま利用できます。

  • docomo端末ならシムロック解除「不要」
  • SIMフリー端末
  • docomo以外ならSIMロック解除すれば利用可能

LINEモバイルは、docomoの回線網を利用していますのでdocomoの端末ならシムロック解除が不要なのです。

契約申込と同時に購入する

申込時に購入すると、端末保証オプション(有料)が少し安くなります。保証内容も異なりますので、保証オプションを申し込む予定の方は下記ページをご確認ください。

MNP(転入)する方法

支払い方法の準備が整い、端末をどうするか決めた方は、いよいよMNPへ進みます。

流れとしては

  1. エントリーパッケージの申し込み(場合による)
  2. MNP予約番号取得
  3. LINEモバイル契約申し込み

となります。

「エントリーパッケージ」を申し込む

エントリーパッケージ(有料)を利用して申し込むと、新規事務手数料3,000円が免除されます。
※2台目以降は、利用せずマイメニューから申し込んでください。その方が安いです。

※キャンペーン中の場合も、エントリーパッケージを利用せず、キャンペーンを利用した方が安い場合もあります。必ずチェックしましょう。

エントリーパッケージで申し込む

>>LINEモバイル エントリーパッケージ

※データSIM(SMS無し)のエントリーパッケージは存在しません。

エントリーパッケージは、注文後、数日でポストに投函されます。利用するための「エントリーコード」が記載された封筒が届きます。

2台目以降はマイメニューから

2台目以降のお申込みは、エントリーパッケージを利用すると損です。

既に契約しているLINEモバイルのマイメニューから申し込むと、新規事務手数料が、最大で無料になるからです。

2台目以降は、マイメニューから申し込んでください。

キャンペーン中は要注意

キャンペーン開催中の場合は、エントリーパッケージを利用せずに、キャンペーンを利用したほうがお得な場合があります。事前にチェックしましょう。

Amazonや店舗で販売されているエントリーパッケージのエントリーコードを使って申し込んでも、「1周年記念!選べるキャンペーン」は対象ですか?

当キャンペーンはLINEモバイルの公式ウェブサイトで直接お申し込みされた方限定です。エントリーパッケージをご利用してお申し込みした場合はキャンペーン対象外となります。

投稿時点でのキャンペーン情報

>>キャンペーン を含む記事 : LINE MOBILE 公式ブログ

MNP予約番号取得

MNP予約番号を取得してください。取得後の有効期限は、15日です。

有効期限が10日以上残った状態で、LINEモバイルへ申し込む必要がありますので、申し込む日を決めてから取得しましょう。

現在利用中のキャリアのMNP取得窓口に電話をして「MNP予約番号を取りたい」と伝えてください。
各キャリアの窓口の電話番号は、下記でご確認ください。

LINEモバイル契約申し込み

いよいよ申し込みです。

続きは、下記の記事をご覧ください。

シェアしていただけると、両手をあげて外へ飛び出します。

コメントを残す

お気軽にコメントをどうぞ。

ABOUTこの記事をかいた人

「やってみたこと」や「ライフハック」が中心のブログです。 少しでも多く役立つことができればうれしいです。 お気軽にコメントやフォローしていただけると、励みになります。 よろしくお願いします。